引越しに伴う住民票の変更手続き

引越しに伴う住民票の変更手続き

引越しの日が決まったら、引越し前に現住所の市区町村役所で転出届の手続きを行ない、転出証明を交付してもらいましょう。転出証明書は引越先で住民票の登録する時に必要になります。手続きには印鑑を忘れずに。

また、引越し先での住民票の登録(住所変更)は、引越し後14日以内に手続きを行なわなければならないと法律に定められています。
引越し後は片付けなど何かと忙しいですが、早めに住民票の登録を済ませたほうが無難ですよ。
引越し後、引越し先の市区町村役所に赴き、住民票の住所変更登録のため「転出証明書」を提出し「転入届」の手続きを行います。この住所変更を行うことで、住民票の写しを取得すると新住所が記載されることになります。

尚、引越し先が同一市区町村なら、転出届・転入届の手続きとも必要ないですが、引越し後14日以内に、役場に新住所に移転した旨の「転居届」を提出して住民票の住所変更を行なう必要がありますので、忘れないように!

参考までに、原付バイクを持っている場合、年金が国民年金の場合も住民票の登録手続きを行なうそれぞれの役所になります。引越しによる住民票の登録の際に一緒に手続きを行なうと時間の節約になりますね。詳しい内容については、引越し先の該当役場に問い合わせてください。

カテゴリー:引越しと住民票