引越しと住所変更

引越しに伴う住所変更の手続き

引越しが決まったら、転出する市区町村役場へ行って「転出証明書」を交付してもらいましょう。引越し後、引越し先の市区町村役場の窓口に「転出証明書」を提出して、転入届を行ないます。これによって住所変更の手続きが完了します。
尚、転入届けは引越し後14日以内に行なうようにと定められています。
住所変更の手続きで、何度も足を運ぶことがないように印鑑など持参するものを役場に事前に確認しておいたほうが良いですね。

転出届けは、市区町村役場によっては郵送で受付けてくれるところもあります。引越し(転出)する住所のある該当役所に確認してみてください。OKであれば、必要書類についても確認し時間のムダをはぶきましょう。

転出届けを忘れて引越し、前の住所へ行けないときは代理人でも手続きが可能です。

住民基本台帳カードを持っていれば、郵送で転出の届出を行い、転入先の役所に住基カードを提出するだけで転出・入手続きがなされ、住民票の住所変更が完了します。

住所変更においては、引越し後すぐには、身分を証明するものに新住所の記載がないので不便なこともしばしば起こります。転入届けを提出し住所変更を完了した後、その場で住民票の写しを1枚取得しておくと必要なときに手間が省けますよ。

カテゴリー:引越しと住所変更