引越しに伴う免許証の変更手続き

引越しに伴う免許証の変更手続き

引越し等で住所や氏名、本籍等が変わった時は、免許証の変更手続きをしなくてはいけません。免許証の住所変更については、引越しの転出地では特に手続きの必要はありませんが、引越し先(転入地)では速やかに変更手続きを行なう必要があります。

引越しに伴う免許証の住所変更は、新しい住所地を管轄する<警察署>や<運転免許試験センター>で変更手続きを行ないます。

●同じ都道府県での引越しの免許の変更手続き
必要書類:運転免許証、住民票住民票など新住所を証明できるもの、印鑑
代理人による手続きも可。但し「委任状」が必要。

●他都道府県に引越しの免許の変更手続き
必要書類:運転免許証、住民票など新住所を証明できるもの、免許証用写真1枚(縦3cm横2.4cm)、印鑑
代理人による手続きも可。但し「委任状」が必要。

*参考*
・引越しのとき、運転免許証の更新期間に入っている時は、免許証の更新手続きのみで住所等の変更ができます。住所の変更は「住民票」、氏名や本籍の変更は「本籍が記載してある住民票」を添えて更新手続きを行ないます。

・道路交通法で、住所の変更など運転免許証の記載に変更があったとき変更手続きを行なわないと、二万円以下の罰金又は科料に処せられる可能性があります。実際の適用は難しいようでが、面倒なことにならないように、免許証の手続きは、引越し後速やかに行ないましょう。

カテゴリー:引越しと免許証